しねふぃる

アラサー。映画とか写真とか感じたことを発信します!

カンヌのパルムドール各国受賞数について調べてみた

背景

カンヌ映画祭も終わって河瀬直美の光は受賞ならなかったわけです。日本のメディアは受賞したしてないの事しか報じていなく、映画祭の中での評価や観衆への受け、作品の制作談話や解釈など、深い話が出てこないのはどうしたものかと思う。
パルムドールを受賞したオストルンド監督にもほとんど触れていないし、監督賞を受賞したソフィア・コッポラにも触れていない。
そんな人たちが受賞したしていないをお祝いするのは正直間違っているとは思う。

マスコミも受賞が珍しいものだからニュースにしようとする訳で、じゃあ全体の中で日本作品はどれくらい受賞しているの?ということが気になる。

目的

カンヌ映画祭の受賞作品で日本作品が占める割合を求めること。

調べ方

参考にしたページ。ここのリストから、受賞作品の製作国を数える。
複数の国で製作している作品は、それぞれの国で1ずつカウント。
entamedata.web.fc2.com

調べた結果

受賞回数を調べたのは以下。フランスがやはり1番。
日本はほとんど受賞していないことが分かる。

ほとんど、フランス、アメリカ、イタリア、イギリス、ドイツと先進欧州、北米 が占めている。
日本はアジアでは健闘している方だが、実はそれほど受賞数が多いわけではない。

意外とアメリカの作品が受賞しているのだという印象。

受賞回数
フランス 23
アメリカ 19
イタリア 15
イギリス 13
ドイツ 6
デンマーク 4
スウェーデン 4
日本 3
トルコ 2
西ドイツ 2
オーストリア 2
ルーマニア 2
アイルランド 1
スペイン 2
ベルギー 2
ソ連 2
スイス 2
ポーランド 1
タイ 1
ギリシャ 1
イラン 1
ハンガリー 1
香港 1
オーストラリア 1
ノルウエー 1
フィンランド 1
アイスランド 1
ユーゴスラビア 1
チェコスロバキア 1
ポーランド 1
アルジェリア 1
ブラジル 1
モロッコ 1
インド 1
メキシコ 1

地図で表すとこんな感じ。赤が強い所ほど受賞数が多い国です。
f:id:toremiro_kohei:20170602010916p:plain

ちなみに、日本作品の受賞確率は2.45%。

まとめ・感想

カンヌはやっぱりフランス映画が占めている。
アメリカ映画がたくさん受賞しているのは意外。
日本の作品は受賞しないのが当たり前なので、受賞しなかったからといって、いちいち騒いで欲しくない。

メディアには映画の中身とか、反応とか、もっと深い部分を伝えて欲しいなと思う。

去年の受賞作『わたしは、ダニエル・ブレイク』面白かったし、
danielblake.jp

今年受賞した、リューベン・オストルンドのフレンチアルプスで起きたことも面白かった。

フレンチアルプスで起きたこと [DVD]

フレンチアルプスで起きたこと [DVD]

そういう所を話して欲しい。キムタクがどうのこうのではなくてね...。

それではこの辺で。ではでは。

【今週末のオススメ映画】2017/06/01〜03公開分

2017/06/01~03公開分オススメ映画

客観的オススメ作品

世間一般のオススメ評価を得るために、
映画.comとFilmarksで見たいとしている人数を抜粋して順位づけ。

順位 映画名 映画.com Filmarks
1. LOGAN ローガン 7838 11421
2. 20センチュリー・ウーマン 2246 9874
3. 武曲 MUKOKU 1683 3039
4. 花戦さ 1375 1184
5. ゴールド 金塊の行方 1234 1629
6. ブラッド・ファーザー 918 498
7. ザ・ダンサー 563 946

(*)みたい人の数を抜粋。2017/05/31/06:40調査

今週は『LOGAN ローガン』が全体的に人気。ヒュージャックマン人気なのか、ウルヴァリン人気なのか、とにかく人気!予告を見る感じだと、ローラ役、ダフネ・キーンはいい感じの役をやってるように感じた。
Filmarksやってる人たちの間では、『20センチュリー・ウーマン』人気。人生はビギナーズのマイク・ミルズ監督の最新作。
Filmarksは、はじまりの歌とかが好きな若い映画好き層が多いので、映画の雰囲気的に人気が納得できる。
『武曲』もやや人気。あとの作品はわりと団子状態。っていうのが今週の公開作品。
eiga.com

個人的オススメ作品

今週はめぼしい公開作品は少ないので難しいのだが、個人的おすすめな作品はこちら

20センチュリー・ウーマン

今週のオススメは?と聞かれたらこの映画をオススメしたくなる。思春期15歳の少年とシングルマザーの親子のひと夏を描いた物語。必見。
eiga.com

武曲 MUKOKU

熊切和嘉監督最新作。藤沢周原作の映画化。
矢田部研吾役の綾野剛と羽田融役の村上虹郎の6分にも及ぶ死闘が見ものの映画。これは映画館で見なくてはいけないと思う。
eiga.com

まとめ

今週は20センチュリー・ウーマンがオススメ。
ウルヴァリンとか好きな人はLOGAN ローガン見ると良いのではないでしょうか。好きな人は武曲見にいくと面白いと思います。


ではでは。

コーヒーチェーンを比べてみた、スタバの存在価値!

背景

最近のコーヒーチェーンってスタバ1択だなぁと感じるので、どのくらい差が出るのかちょっとお遊び調査。

目的

スタバが他のチェーン店と比較して、突出した存在であるかをデータとして明らかにすること。

方法

比較するお店。この辺を参考に。
好きなコーヒーチェーン店ランキング 1位はドトール、2位はスタバ|ニフティニュース

  • スターバックス(スタバ)
  • ドトール
  • タリーズ
  • コメダ珈琲店
  • タリーズ
  • 上島珈琲店
  • サンマルクカフェ
  • 珈琲館
  • 喫茶室ルノアール
  • 星乃珈琲店
  • ベローチェ

結果

google trend

上位5件までしか検索できないけれど、それでもスタバが異常。ネット上の人気はコメダの3倍以上の獲得。

instagram

タグのついた投稿数で調べてみると、スタバが異様に多いことがわかる。ほとんどカフェ=スタバ状態。

  • <参考>#カフェ 4677838
  • #スタバ 3577421
  • #コメダ珈琲 249973
  • #タリーズ 191194
  • #ドトール 108051
  • #サンマルクカフェ 58136
  • #星乃珈琲店 40066
  • #ベローチェ 11706
  • #上島珈琲 25042
  • #珈琲館 24146
  • #ルノアール 6690

f:id:toremiro_kohei:20170524000840p:plain

店舗数

ネットの人気はスタバが一番だけど、店舗数で比較するとドトールとそれほどは変わらない。
f:id:toremiro_kohei:20170524000911p:plain

財務

スタバが1番、ドトールが2番。
店舗数同様ネットの人気ほど差がない。

感想・個人的におすすめのお店

昨今分かりきっているが、スタバがカフェというイメージのデファクトスタンダードになっている。また、ウェブ上の人気はなくとも、ドトールはかなりの売り上げをあげているが、これはスタバが学生など若者へ向けた戦略を立てているのに対し、ドトールはサラリーマンなどへ向けたマーケットを目指しているからと考えられ、その棲み分けが上手く機能しているためと考えられる。

個人的にはスタバやドトールなどより小さな喫茶店が好き。あとは、丸山コーヒーが大好きです。

丸山珈琲 西麻布店

食べログ丸山珈琲 西麻布店

あとは、アイランドヴィンテージコーヒーも好き。
苦目なコーヒーより、まろやかなコーヒーが好き。

また今度詳しく解析しよう。


ではでは。

【期待度大!今週末オススメの映画】2017/05/26,27公開分

客観的オススメ作品

世間一般のオススメ評価を得るために、
映画.comとFilmarksで見たいとしている人数を抜粋して順位づけ。

順位 映画名 映画.com Filmarks
1. ちょっと今から仕事やめてくる 4407 4336
2. 光をくれた人 3675 10171
3. 美しい星 2808 3995
4. バイオハザード ヴェンデッタ 2330 1294
5. 1858 4250
6. 家族はつらいよ2 1010 1104

(*)みたい人の数を抜粋しています。

今週は、10代〜20代は『ちょっと今から仕事やめてくるに』、社会人〜それ以降の世代は、『光をくれた人』って感じか。
邦画が好きな人は、『美しい星』って感じかな。映画好きの人は、河瀬監督の『光』も見逃せない。
eiga.com
eiga.com

個人的オススメ作品

今週の個人的おすすめな作品はこちら

ハロルドとリリアン ハリウッドラブストーリー

eiga.com
ハリウッドの黄金期を絵コンテと映画リサーチで支えた映画界の夫婦にまつわる物語。
映画ファン必見の作品。今週の一押し。

美しい星

gaga.ne.jp
三島由紀夫原作小説を『桐島部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八監督が撮った作品。
吉田監督が学生時代から30年近くアイデアを温めてきたこの作品。映像化が難しい三島由紀夫作品をどう撮っているのかが見もの。

hikari-movie.com
河瀬直美監督最新作
現在開催中カンヌ映画祭でコンペティション部門でも上映されている。カンヌ常連となった河瀬監督の作品、この時期に見逃たいもの。
eiga.com

まとめ

今週は恵比寿でハロルド見て、イメフォで光って感じで、あとは適度なところで美しい星って感じでしょうかね。

ではでは。

変わりゆく渋谷

渋谷

渋谷

渋谷

渋谷

  • 渋谷駅 2015/07/18
  • Pentax K-5
  • Pentax smcP FA 31mm f/1.8 Limited